虫歯治療だけじゃない!白い歯を歯医者さんで手に入れよう

審美治療の技術は日進月歩

治療の前にする事

実際に歯を治療する歯科医に行ったなら、まず最初に歯を白くする為の治療方針を決定していきます。
歯の治療は痛みをとるものであれば保険診療となりますが、白くする為の審美治療は自由診療と呼ばれ自費で行う治療になります。
治療法や治療に使用する器具、被せる素材の種類に応じて値段の幅が非常に広く設定されています。いわれるがまま単に治療してもらえば良いというスタンスではいけません。
一生使う自分自身の歯の事です。治療法に応じて高額治療にもなりうる審美治療は、疑問や不安をもったまま始める訳にはいきません。
多くの歯科医は現在の歯の状態をしっかり診察した上で、カウンセリングを行います。ここでしっかりと説明を聞き、又、希望を伝えて治療にかかる期間や金額の詳しい説明を受けましょう。しっかりと道筋をたててから治療開始となります。

審美治療前の治療

カウンセリングでしっかりと白い歯になる為のプランをたてて、その内容をしっかりと納得して、いよいよ審美治療開始!となってもすぐに治療に入れないケースもあります。
治療前の診察で歯周病や虫歯が見つかった場合です。
多くの歯科医は虫歯治療を審美治療前に行なう事をすすめます。審美治療の多くが複数回の通院が必要になるので、もしも虫歯治療を先送りにしてしまうと、歯を白くする為の治療を行っている間にも虫歯はどんどん進行してしまいます。
審美治療後に進行してしまった虫歯を削って治療する場合、先に白くなった歯と色の差が大きく出ない配慮も必要です。
歯周病を治療する前に審美治療を行うと、薬剤等で余計に歯茎を傷める事にもなります。
しっかりと白い歯を長く継続する為にも、虫歯等は予め治療し終えてから審美治療を開始しましょう。