虫歯治療だけじゃない!白い歯を歯医者さんで手に入れよう

セラミック治療で白い歯に

クラウン、インレー、ラミネートべニアとは

セラミック素材を使う治療はオールセラミックと言われるセラミックのみを使用したもの、プラスチックとの混合のハイブリッドセラミック、金属にセラミックを焼き付けたメタルボンド等があります。これらを自分の歯を削って被せ、又は詰め物をして、美しい白い歯にする治療です。
クラウンとは歯そのものに被せます。前歯など前面に来る部位にはオールセラミック素材を選択する事が多いです。
一方インレーは歯の一部分のみの治療になります。例えば虫歯治療をした経年化した詰め物が黄ばんでいる等の箇所を取り除きセラミックのインレーを施し白くします。クラウンと違い歯を削る範囲が少なくて済む治療です。
又、ラミネートベニア治療と呼び、セラミック素材のプレートを歯の表面を薄く削って張り付ける治療もあります。

セラミック治療のメリットとデメリット

セラミック治療は白さだけではなくて歯並びそのもの、形状を美しくすることが出来るので保険診療とはなりません。歯を削り、形の良いセラミッククラウンをかぶせる事で歯の白さと同時に綺麗な歯並びにする事が出来ます。
本来何年もかかる歯の矯正に時間をかけずに、セラミック治療で歯の白さと同時に美しい歯並びも実現できるのは大きなメリットと言えます。
セラミックを被せた歯は虫歯にもなりにくいと言われています。透明感とつややかさのある素材は汚れにくく、食べかすもつまらないからです。
メリットの多いセラミック治療ですがデメリットもあります。
それは強度です。強い衝撃を受けて欠けてしまう事もあります。近年強度の強いセラミックも開発されていますので、常に細心の注意を払って生活しなければいけない、という事ではありませんので安心して下さい。
万が一欠けた場合は範囲が小さい場合、修復が可能ですのですぐ歯科医にかかりましょう。