目に良い成分

男女

抗酸化作用の強い成分

40歳を超えた人の多くは近くの小さい文字が見にくくなり、60歳を超えた人のほとんどには上記のような老眼の症状が出てきます。老眼になる原因はいくつかありますが、主に眼のレンズの厚さを変える筋肉が衰えることによります。近くを見る時にはレンズを厚くするために筋肉が緊張することになりますが、その力を発揮できないため老眼になると近くが見えにくくなるのです。老眼を予防するためには、この筋肉を鍛えれば、進行を遅らせることになるため予防することができることになります。筋肉を鍛えて老眼を予防するためには、そのためのトレーニングを行うとともに目に良い食材やサプリメントを摂取することも重要です。目に良いとされる食品にはブルーベリーがありますが、ブルーベリーに含まれるアントシアニンは老化を予防する効果がある抗酸化作用が強いため老眼の予防にも効果が期待できます。その他に目に良い成分としてルテインがあります。ルテインはホウレンソウやニンジンやカボチャのような緑黄色野菜に多く含まれていて、抗酸化作用があるとともに目の水晶体を構成する成分でもあります。またサケやイクラや甲殻類に多く含まれているアスタキサンチンにも強い抗酸化力があり、目のピント調節機能を改善する力があるとされています。これらの成分を充分な量を摂取するには、なかなか食品だけでは摂取することが難しいものです。そこで目に良いサプリメントが販売されているので、うまく利用していくとよいでしょう。

Copyright© 2018 効果が高い老眼改善法【トレーニングやサプリで予防すべし】 All Rights Reserved.