目の老化を防ぐには

メガネ

早めの対策が大切です

目のかすみや目の疲れが増えた場合、実は老眼が原因かもしれません。老眼は水晶体と呼ばれるレンズの役割をする部分が硬くなり、近くをみる時や遠くを見る時などに働くピント調節筋力が低下して起こります。早い人は30代半ばごろから始まります。近年では20〜30代の若い人が近くの文字が見えにくい、ピントが合わないなど老眼と同じような症状を訴える人が多くなっているようです。これはスマートフォンの長時間利用により起こるスマホ老眼と言われています。老眼を放置していると目以外にも頭痛、肩こりなど全身に不調を引き起こしてしまうため、早めの予防や対策が必要です。パソコン、スマホを長時間使用する場合は必ず1時間に1回は目を休めるようにします。老眼の予防には目のストレッチが効果的です。まず遠近を交互に見る方法です。近くの自分の指と遠くの目標物を10秒ずつ交互に見ます。次に目を開いて、閉じてを繰り返す方法。そして眼球を上、左、下、右とぐるぐる回す方法です。1日3セットほど行うとよいでしょう。他の予防では目によい食材を摂取することも大切です。目の老化を防ぐアントシアニンが含まれているブルーベリーやカシス、緑黄色野菜、ビタミンB1、ビタミンCなども有効です。紫外線も目の老化につながるためサングラスや帽子で紫外線をカットし予防します。また我慢しないで自分にあった老眼鏡を作ることも大切です。眼鏡に抵抗がある人は老眼用のコンタクトを使用するとよいでしょう。

Copyright© 2018 効果が高い老眼改善法【トレーニングやサプリで予防すべし】 All Rights Reserved.